Why Cooler is the most important S.H.Figuarts announcement for the Dragon Ball line! Movie-Verse! Heroes-Verse!

Cooler from Dragon Ball Movie-verse is now announced in S.H.Figuarts line! And this is BIG!! This will open the door for the Movie-Verse and Dragon Ball Heroes characters to be in S.H.Figuarts form!

If you like to see my Youtube Video review, please swing by my ToyBoxPhoto Channel at https://www.youtube.com/channel/UCdRnaDrOkNUrKkWRQRJDp3w
Or simply click the video above!
The video will be available on March 3rd, 2021, at 1:00 PM.
And if you like my video, please subscribe as currently only 5~6% of my audiences are subscribed and I feel a bit lonely…

For more detailed photos and information, please continue below!

Frieza’s big brother, Cooler’s announced and this is no small thing. A lot of people from the west complained they rather have Kefla but NO, they do not understand how significant this announcement is. This means Bandai will release characters who were only in the movie. What about Broly? Well, he is actually not the movie-verse character. He is in the main canon Dragon Ball Super world. For those who don’t know the movie and the manga/anime are two separate timelines.

We were all disappointed when Clone Goku was announced for the Bandai special Dragon Ball figure event. We were quite tired of Goku unless it was Tarles or something.

But then, they released the possibility of the entire Dragon Ball FighterZ characters to be in S.H.Figuarts. And this may worry some fans but not to worry, I am sure all of them will be made in a figure form. This is planned well ahead so probably your favorite Kefla or GT Goku has been already in development.

Cooler’s announcement is such a big deal to the original fans from Japan who were watching DBZ in real-time since the impact of Super Saiyan literally changed the manga anime history forever. One Piece, Bleach, your favorite anime are all influenced by a ton of Akira Toriya’s manga ideas and Super Saiyan is one of them. In fact, we did have the protagonist changing into a completely different thing like Devilman but we never had a protagonist transforming without a major appearance change (Goku simply got golden hair). Yet, the impact shattered us all.

Yes, Super Saiyan Goku first appeared in the Frieza saga and that is exactly why Cooler was a shocking thing. He was a big brother of Frieza who we all know as the icon of all evil. And when he one-shot Goku in the movie, we were all concerned.

Not to mention his bad-ass armored design with insane durability that he can swim through Goku’s Kamehameha. He was unstoppable until he faced Super Saiyan of course but what Cooler showed was forever lasting for the OG Japanese audience.

Yes, I know. New fans or audience outside Japan want Kefla but she’s actually not so popular in Japan due to how she acquired Super Saiyan power. Goten and kid Trunks did become Super Saiyan earlier but they knew about it and they were play fighting and one day the power was triggered. Because the audience never saw how they got the power, the facepalm wasn’t as big but how Kefla describe how to achieve the form was nothing but a joke. Sorry Vegeta, all your effort is a joke. That said, there are Kefla fans in Japan and the discussion is that the only reason she is popular or accepted is that she’s a girl. Kaba is disliked as hell in Japan and Japanese anime fans tend to be very much soft to female characters.
Anyhow, don’t be worried. Kefla will get S.H.Figuarts treatments for sure. It’s a no-brainer. I’ll definitely get her since I do like the character too.

But honestly, Veedel is far more popular than Kefla in Japan. And when she is released, we so much hope she gets an additional head to sculpt with her original haircut since this version is much popular than the short hair version. The author trimmed her hair since it’s easier to draw lol.

We really wanted a 2.0 for 17 and 18 instead of a rerelease we got. Comparing to modern Figuarts, their neck is short and the proportion is a bit outdated. But most importantly, they really do need the Tournament of  Power version and I am sure one day we will hear their announcement.

Going back to why Cooler’s announcement was such a big deal is that now, movie villains coming into Figuarts form is now possible. And Tarles is a fan favorite. And a villain that looks identical to the protagonist is a thing in Japan. Ultraman, Kamen Rider, Saint Seiya and ton of anime/manga did this. And Tarles is unlike Goku Black, he is his own character. Oh, and we will need that Shinseijyu apple too Bandai. Thank you.

Hell, I would even want Dr. Uiro. The voice actor for all the movie villains was amazing and Dr. Uiro was one of the best. Just that he’s probably too big for Bandai to even consider… However, if he is coming out, he must come with a mind-controlled Piccolo head!

In fact, I think all the Z Fighters deserve a 2.0 upgrade instead of rehashing their old mold. And please give us the DBS version costume for Tien, Yamcha, and Chaozu too. And don’t make Chaozu a statue. And for the OG fans, DB era Yamcha is a must.

First form Cel is also in high demand but Perfect Cel is also in high demand for a 2.0 treatment. I am sure they will one day offer him but I doubt he will return in the anime/manga. Akira Toriyama stated that he completely failed the design for Cel due to all those spots around his body. He said it was a nightmare for him and also the animator to draw all those random spots. Maybe that’s why he was defeated so easily by Pikkon.

I know, this is only for OG fans from Japan but I do want the old Demon King Piccolo. No, not the one we got. I mean the old old one since that version is what changed the mood of Dragon Ball completely. He is single handily graduated Dragon Ball from comedy adventure to serious combat manga.

Fine, for the Western audience, if we have the old Demon King figure, we can use the mold to make Kami! Or Vice versa! 

And if you’re doing Kami, can you give us Garlic Jr. as an accessory? He has quite a fan in Japan and the voice actor is the legendary Kenshiro from Fist of the North Star. Don’t forget that laughing face. We love that so much. If you need a full power Garlic Jr., you can simply use Broly’s mold and there you go.

Fine fine, Popo it is. Bandai can offer him as an accessory for Kami. But don’t ever think to offer the blue Jinnie version to the Japanese audience. They’ll be pissed. Give them the original black version. The West can have the blue version if they like.

But for OG fans, we also do like to see Tsurusennin. Master Roshi is known for his Kamehameha but Tsurusennin is known for so many different skills including Bukujyutsu (flying tech) to Dodonpa, Kikouhou, and everything Tien knows. And please add cyber Taopaipai accessories too lol.

If not, fine! Just add Chaozu with his original costume with Tsurusennin. That would make it sell! He’s a mascot of DB and did you know Goku and Chaozu never talk to each other once in the entire saga?

Another importance of Cooler final form released in S.H.Figuarts is that Bandai can simply repaint him and offer us the Golden Cooler which will open the gate for Dragon Ball Heroes characters. I am not fond of the Golden Cooler form since that will simply make Cooler and Frieza in the same cup of tea. A lot of fans from Japan actually wanted to see Metal Cooler in the final form which we never got in the movie.

By giving Cooler and Frieza different power sets, it will make them unique. Like how Vegeta is now doing his own thing and not chase after Goku. Since Cooler was known for his insane durability, and the Metal Cooler had a regeneration power, why not make Cooler specialized in the defense while Frieza is more of an offense type. Frieza did say he will need an ally to take down Goku and Vegeta and Broly is obviously going to be on Goku’s side. So brother tag would be quite ideal.

And Cooler was more interested in being the strongest of all in the universe. That is the same goal as Goku and Cel. Instead, Frieza simply wanted to dominate the universe. So we can introduce Cooler in DBS and say he came to find his match. Oh, and if Bandai did do Metal Cooler, they can reuse the same mold to make regular Cooler if they want.

Anyhow, the announcement of Cooler is a big deal opening doors to the movie-verse as well as possibly Dragon Ball Heroes too. I understand some wanted other characters but compared to Cooler, the others do not hold the significance as close to this. GT Goku will only release GT characters which some will love to see SSJ4 but Cooler offers multiple properties to be announced.

Overall, it is a happy day. And never to worry. Your favorite character will be released early or later. It’s inevitable. Hey, they even released Lunch so your hope isn’t far off. It’s coming. And for a more detailed discussion, please come watch the video above!

『外人レビュー&海外ファン裏話』Limtoys バイオハザード2レオン・S・ケネディ1/12スケールフィギュア

『畜生! いきなり俺の腕を…!』来ました!来ましたよ!待ちに待ってました!誰かがいつか1/12スケールでハイスペックのバイオハザードフィギュアを出してくれると信じてました!むしろ何でカプコンはこんなに商品化がへたくそなんだろうか!?へたくそすぎてファンはカプコンヘリの様に心をいつも落とされておりましたよ!でもそんなアンブレラな気持ちももうおしまい!あのLimToysがやってくれました!ついにやってくれたのです! https://www.youtube.com/watch?v=6Q1NdO_ZnvY 外人フィギュア動画レビューはToyBoxPhotoのユーチューブチャンネルでこれからも投稿予定です。下からのリンクでチャンネルへ是非遊びに来てください。https://www.youtube.com/channel/UCdRnaDrOkNUrKkWRQRJDp3w かゆうまぁ!! LimToysと言えば元々は1/6スケールのミリタリー専門フィギュアを生産して販売していたのですが、最近になって1/12スケールに参戦した超リアル追及メーカーです。なので小さいながらも桁外れのディテールにこだわっており、作者的にはホットトイズの小さいバージョン。正しホットトイズのへったくれ可動ではなく、このスケールでありながら布コスチュームにも拘わらずホットトイズよりも圧倒的な可動域をもつので、個人的にはホットトイズが頑張っても出来ない技術レベルに達していると思っています。 特に有名なのが今年正式販売された1/12スケールファントムペインのスネーク。これがレベルが高すぎて売り切れ殺到。予約が去年だったのでまだ転売屋問題が始まる前でした。あまりの売れ行きにメーカーが再生産を行い、しかもお客様に感謝の気持ちを見せるために無料で商品をアップグレードまでしてくれる心意気。ホットトイズやハズプロなどの大手メーカーには無いファンサービスですね。ちなみに作者は英語版でこの商品のレビューを行っているのでもし宜しければそちらもどうぞ。日本語版のブログやYoutube動画が希望な方はShingo Worksのレオンフィギュアレビューの動画でコメントを残していってくださいね。希望が多ければ日本語版を出してみたいと思います。スネークフィギュアの英語版ブログはこちらLIM TOYS AEHAB S++ Version: Action Figure Photography Unboxing Super Review – ToyBoxPhoto 上のスネークの出来倍を見てその完成度、アクセサリーともに最高レベルのものとなっているのがお判りでしょうか?これでお値段なんとお値段約1万四千円ほど。でもこれはアクセサリー豊富なデラックス版なので8千円版のもあります。正直このクオリティーで1万四千円は激安ですね。あの値段ばかり向上させてるMafexと比べると天と地の差。 例えばこちらのMafexアイアンマン。このアクセサリーで1万2千超え。メカニックスーツなので布は使用しないのは当然ですが、その分コストが断然に安く、構造も単純なのにもかかわらずこの金額。ちなみにアクセサリーがほとんどついて来ない最近のMafexフィギュアでも9500円超えが普通になっています。そう、圧倒的なクオリティーとエンジニアリング、そしてアクセサリーがついて来るLimToysのスネーク・ベーシック版のほうが断然に安いのです。ついでに言うと、Mafexのような品質問題が常に付きまとう事もありません。もちろん生産数もMafexのほうがLimToysの数百倍もあるので生産コストはもちろんLimToysの方が上。にもかかわらずこの値段で提供してくれるのは本当に頭が下がります。 え?じゃあ、Mafexのフィギュアは買わないのかって?多分私はBC州で一番Mafexをコレクションしています(苦笑)。でも良いものは良い。ダメなところはダメ。それをハッキリ言わない者はメーカーの奴隷であって、ファンではないと思っています。ファンならどこが悪いかを言ってメーカーに改善してもらう事でそのメーカーがライバルに競争で負けないようにするべきでしょう。 そんなLimToysさんが突然何の前触れもなくこんな写真をそっとアップしました。これを見て海外ファンは大盛り上がり。マニアならこの形のタイプマシンですぐ分かるのでしょうが、そうで無くとも手紙の冒頭に『クレアへ』と書かれています。手紙を読んでいくと・・・『クレアへ、もし君がここまでたどり着いたという事は出口はすぐそこだ。俺はやらなくてはならない事がある。もし俺が戻らない場合、今回の事件がアンブレラ社の仕業である事を世に知らせてくれ。レオンより』翻訳は作者が勝手にしたので本編とは若干違うかもしれませんが、それを読んで尚更ファンが興奮したのは言うまでもありません。 問題は手紙を打ったのがレオンだったので、レオンのフィギュア化の可能性があると同時に、宛先がクレアなのでそれを受け取ったクレアのフィギュア化の可能性もあります。なんの発表もなかったため、海外ファンは論議をかわしましたが、LimToysはSnakeのフィギュアを出したばかりで、完成させた1/12スケールの男性素体を利用するのが一番生産性があうのでクリスであろうと言う声が一番多かった気がします。 そして狙い通り、クリスでした!今回も2パターンが販売され、クオリティーは見ての通り!こちらでレビューするのは当然アクセサリー豊富なSバージョン。これも日本円で1万4千円ほど。予約がスタートしてから数か月は売り切れにならなかったのですが、発売直前あたりで手に入らなくなっていました。

Read More »

『外人レビュー&海外ファン裏話』マーベル・レジェンド・ハズプロ・パルス・ハズラブ(クラウドファンディング)限定・X-Men67cm超巨大センチネル

https://www.youtube.com/watch?v=Ab-vaKhoMy4 外人フィギュア動画レビューはToyBoxPhotoのユーチューブチャンネルでこれからも投稿予定です。下からのリンクでチャンネルへ是非遊びに来てください。https://www.youtube.com/channel/UCdRnaDrOkNUrKkWRQRJDp3w それはフィギュアと呼ぶにはあまりに大きすぎた・・・ いや!大きすぎ!この箱どこに保管したら良いの!?クローゼットに入らないですよ! 今回レビューするのは少し前に販売されたハズブロ社のクラウドファンディング商品であり、マーベル・レジェンド初のハズラブ・プロジェクトの長巨大センチネルフィギュア。11月2021年に購入者の元に届けられました。 ちなみにハズラボ・プロジェクトはウェブサイトで注文し、アメリカとカナダに限定されて届けられましたが、Zabbiなどでは特別注文が可能だったと思います。ハズブロ・パルスのホームページはこちらHasbro Pulse | Where Fans Come First クラウドファンディングであるため、注文数が一定を越えない限り生産がされないのがこのハズラブ・シリーズ。いわゆる『通常販売しても儲かる可能性が少ないので、コアファンに前金もらう代わりに夢のプロジェクトを叶える』のが売りです。そしてマーベル第一弾なのがこのセンチネルで、見事にファンを大興奮させてくれました。最低注文数が6,000件にも関わらず、最終的には21,878件となりました! X-Menファンで無くとも、ゲームやアニメーションで見た事があるかもしれませんが、センチネルとは対ミュータント兵器として人類が設計した超巨大人型ロボットです。AIで自立行動したり、パイロットが操縦したりなど、その性能やサイズにバリエーションが豊富です。もちろんアメコミファンから大人気なキャラクター。 過去に販売されたセンチネルは40cmと大きかったのですが、センチネルとしては小さすぎてファンからすれば納得がいきませんでした。なので67cmサイズのセンチネルが発表された時はファンがフィーバーしていましたが、同じく『まだ小さい!』と言う声もありましたね。そっちの話は動画のほうで詳しくしているので是非見てみてください! 『まだ小さい!』いや、これ以上大きくすると飾る場所無いねん。しかもこのフィギュア、重量もそれなりにあってポーズ取らせるのに必死になります。ちなみに1/4スケール系統のフィギュアよりも全然大きかったりするのでこれ以上大きくするのは無理でしょうね。 色んなセンチネルがいますが、基本的にファンが思い浮かぶのはビルよりも巨大なサイズのものですね。ただ作者はこのイラストに出てるくらいの巨人がちょうど良いと思います。むしろそんなガンダムよりもでかいのがワラワラ登場されると『生産コストで破産しないのか?』とツッコミを入れてしまいそう。 どうでも良いかもしれませんが、個人的にはカプコンがデザインしたX-Menゲームに登場するセンチネルが一番格好良いと思います。 このセンチネル、見ての通り色々とアクセサリーがついてきます。そこに注文数2万超えの理由が隠されています。つまりある一定の注文数を更に超えると追加でアクセサリーがついて来ると言う『Tiers』システムが導入され、注文数をクリアすると次のTiersの注文数と追加アクセサリーが発表されるため、複数買う人や、足フミしていた人がそれによって飛びついたりしたのです。それによってマーベルのハズラブは見事に大成功となりました。ただしこの成功にうぬぼれたハズブロは次回のマーベルのハズラブでは結果はまーまー。スターウォーズのブラックシリーズ・ハズラボでは大コケして廃止になってしまうほどの不始末を犯しています。 存在力抜群のセンチネル!ちなみに作者は40cmの物を持っていましたが、これを注文した時点で小さい方を速攻で手放しました。巨人ロボットは一体で十分でありますのよ。 良く思うのですが、こう行ったケーブルむき出しデザインは問題以外何もないのでは?ケーブルは弱点以外の何者でも無いし。80年代のアニメならまだしも、そこらへんのデザインをそろそろ改善した方が良いと思うアメコミの今日この頃・・・ 背中のメカメカしさが素敵!惚れますね!腕のごつさとかもたまりません! どころで何で顔が人肌色なんでしょうか?少し不気味でもありながら、人によってはかなりダサいと思われてもしょうがない。鼻とかいるん?そんな事言ったらトランスフォーマーの方々に怒られそうだ。 もちろん可動範囲にかなりの制限はありますが、ポーズは色々取れそうです。問題なのがフィギュア本体が自重に耐え切れず、倒れてしまいます。肩パットは柔らかい素材なので腕周りの可動に支障はありませんがこの手の素材は時間がたつと劣化がひどいのが心配です。ちなみに指は全可動です。この拳で殴られたらウルバリンでも気絶しますわ。 『僕のセンチネルの関節がゆるゆるだよ!』そんなクレームが殺到しましたね。あまりに殺到に、ハズプロは相変わらずの『我関せず』を決め込みましたが、関節部分をネジを隠すキャップを外してネジを引き締めればすぐ直っちゃいます。キャップも簡単に取れるのでもしセンチネルに関節問題があれば試してみてください。動画の方でより詳しいやり方を紹介しますね。

Read More »

『外人レビュー&海外ファン・コミュニティ・トーク』スターウォーズ・スターウォーズ・ブラックシリーズ・ハズブロ・パルス限定・カンティーナ・ショウダウン・セット

外人フィギュア動画レビューはToyBoxPhotoのユーチューブチャンネルでこれからも投稿予定です。下からのリンクでチャンネルへ是非遊びに来てください。https://www.youtube.com/channel/UCdRnaDrOkNUrKkWRQRJDp3w https://www.youtube.com/watch?v=VOyZmIVfDgo 『お前が気に入らねぇ!』『俺も気に入らねぇ!』そんなお二方で有名なポンダ・ババとドクター・エヴァザンに加え、オビ・ワンのフィギュアが三点セットで限定販売!しかもあのカンティーナのバーも付属!スターウォーズ大好きマニアからすれば待ちに待った商品でしょう!でしょう?ですよね?でも今回の商品もハズプロらしく、かなりの突っ込みがファンから送られております(笑) こちらはあの世界大手、超手抜き会社で有名なハズプロから、スターウォーズ・ブラック・シリーズ商品。正しウェブのハズプロ・パルス限定所品であり、カナダ、アメリカとイギリスにのみ販売された商品。もちろん日本での一般販売はございません。 昔からのコレクターならパッケージを見てピンと来たなら貴方は90年代のパワーオブ・ザ・フォースのコレクターではないでしょうか?こちらの限定商品は昔販売された3.75インチ(1/18スケール)のものの6インチ(1/12)バージョンとしてアップグレードされたもの。パッケージがそのまんまでまさにレトロな雰囲気が良いですね! とりあえず全方角から写真をシャシャシャ! カナダ、アメリカ、イギリスにのみ商品が届けられますが、ハズプロ・パルス・ウェブのホームページはこちらHasLab – Hasbro Pulse パンダ・ババ?ドクター・エヴァザン?誰それ?Ep4でルークに絡んでオビ・ワンにいっそうされたお二人です。海外ファンからは大人気!と言うより、スターウォーズファンは基本的にほぼ全キャラが大好きですね。 ちなみにローグ・ワンにもプチ出演しているので良かったら探してみてくださいね! 三人仲良くチーズ!あれ?何かがおかしい・・・そう、海外ファンがまず最初につっこみを入れたのはサイズ感です。ポンダ・ババがウルトラちっこいのですよ。これにはハズプロ特有の手抜きが理由ですが、それは少し後で説明しましょう。 まるでバルタン星人!ポンダの独特なフリッパー手と、通常の手がついて来ます。なので劇場でお酒を飲んでるシーンや、ブラスターを構える事も可能なのが嬉しいですね。 ちょ!ポンダと言えばオビ・ワンに腕切られたシーンが有名じゃないですか!切られた腕パーツは!?ついて来ないのですよ。でも肘下が脱着可能なので『なんちゃって』はできますが、ハズプロの関節パーツは壊れる事もあるのであまりおすすめはしません。 しかし手抜きゴッドのハズプロの伝説はここで終わりません。実はファンが必死になって買ったこのセット、その一か月後に限定だったポンダ・ババとドクター・エヴァザンが一般販売が発表されました。ファンからすればこの二人が欲しいがために購入した方も少なくなく、何度も再販されたオビ・ワンや、バージオラマなんて欲しくない人も少なくありませんでした。しかもこのポンダには切られた腕パーツがついて来るとか。フリッパーでもフリッパーは入っていないのでどうしてもフリッパーと切られた腕が欲しいなら両方とも買わないといけないんですよね。ちなみに右下にあるセレモニーレイア姫もハズプロ・パルス・ウェブ限定で販売されたのち、二か月後に一般販売が発表されました。 スターウォーズのブラック・シリーズはフィギュアを8つそろって発売しているので、その内の三つは完全使いまわし。ローグ・ワンのストームトルーパーはバックパック以外はすべて使いまわし。右上のメイフィルドもタンクトールーパーやらなんやらからほぼ全部使いまわしと、『手抜き使いまわし作戦』がコンボで炸裂しております。ちなみにここのボバ・フェットも布の下は使いまわしなので、事実上新商品はっ二つだけですね。使いまわしで有名なハズプロなんですが、ここ3年はあまりにひどいのでファンが怒怒しております笑。 ドクター・エヴァザンの再現度は良い感じです。先ほど関節のジョイントの話をしましたが、私のエヴァザンはまさにそこに問題があり、両肘が少しでも曲げれば折れそうです。 ですがエヴァザンでもっとも驚いたのがここ!ドクターは実はハゲてたんですね!このフィギュアに出会うまで全く知りませんでした!再現度の悪い事で知られるハズプロが珍しく本気を出してくれました!素晴らしい。ところでドクター、そのブラスター、撃ちにくくありませんか? さて、ポンダのサイズ問題ですが、ポンダは設定上身長は1.85Mとかなり高身長です。ルークは1.7Mで、オビ・ワンは1.8M。にも拘わらず、このポンダはオビ・ワンよりもかなり身長が低いのです。 実はこれはハズプロあるあるの、『再現度を無視して前使ったパーツを可能な限り再利用してコスト削減作戦』が理由です。ポンダのボディーはセレモニールークをそのまま再利用したので、頭部と手以外は使いまわしです。だから頭でっかちになってしまったのですね。これはあまりにひどいと、ファンが肩を落としました。デジタルファイルはあるのだから、ルークのボディをそのまま少し大きくしてくれれば良いのですが、そんな手間も使いたくないのがハズプロ。ここ数年値段だけ爆上がりしてコストは爆下げしまくるので尚更ファンの逆鱗に触れている今日この頃です。そのせいで最近ハズラボプロジェクト、ランコアフィギュアのクラウドファンディングが大失敗してファンからバカにされてしまいました。その話はまた別の機会にでも。 オビ・ワン再登場!はい、これは2016年に販売されたものをそのまま再利用。顔だけにフェイスプリントをおこなっただけの商品です。でもこのフェイスプリント、なかなかの出来なのですよ。 2016年の箱入りフィギュアとフィギュアーツ、そして今回発売されたものを比較。無論クオリティーにおいてはバンダイさんのフィギュアーツの足元にも及びませんが、フィギュアーツの顔はよりカーツゥーンっぽいですね。リアルな顔で言うなら今回発売されたものが個人的に好きなので、この頭部をフィギュアーツのものと交換しちゃうかもしれません。 今回の目玉であり、一番のつっこみだったカンティーナーのバーのジオラマ。あれ?小さくないですか? アメリカのディズニーにある『ファンは誰も認めない似非スターウォーズ・バー』と違い、スターウォーズのバーと言えばカンティーナ。このジオラマは中央のUの字のバーカウンターが付属しています。しているのですが、ある意味していないのです苦笑。

Read More »

3 thoughts on “Why Cooler is the most important S.H.Figuarts announcement for the Dragon Ball line! Movie-Verse! Heroes-Verse!”

  1. Somebody essentially help to make critically posts I would state. That is the first time I frequented your website page and so far? I amazed with the research you made to make this actual submit amazing. Fantastic task!

Comments are closed.